料理長日記   

「頑張んまっしや」


















c0157575_165245.jpg












12年前の20歳の春入社して







それから12年後、気持は二十歳のままの32歳・・・(この春33ですが





28日をもちまして第一章・金沢つば甚を退職いたしました。

今思えば12年という月日はあっというまの日々でした。
入社した当時、板場の流れもわからず右往左往していた自分が
今ふと思うとなつかしくもあり、なにも出来ない悔しさに腹をたててた事が思い出します。




3年目で転機だったのが親方が変わって
仕事の面で色々チャンス&試練を頂き、すごく仕事が好きと思えたこと。
どんなに辛くてもどんだけ朝が早かろうが、楽しいと感じられるようになったこと。
いろんな食材にふれいろんな器にふれ、本物に出会えたときの感動。
自分では贅沢な時間をすごさせていただきました。




女将さん若女将さんから最後に頂いたお言葉
「頑張んまっしね」・・・・


いやーこれ以上しゃべれん・・・


泣きそう・・・






隠れて涙。






家までの帰り道も・・・
まったこんなときに徳永英明のボーカリストが車のなかで響いてたり
心のなかで「頑張んまっしね」の連呼されるわ、



泣かすなまっ!って感じでした。



うちに帰ると嫁様と子供から
「お疲れ様」。


いつもの「お疲れ様」とは違う言葉に感じ・・・・涙





自分幸せものです。



この金沢での色んな方からのご恩決して忘れません。

いつか倍返しします。












これからちょっと引越しやら手続きやらでなかなか更新出来ないかもしれませんが、
第2章「日々精進」もヨロシクおねがいします。










つば甚
ありがとう お世話になりました。 
                                                         完
[PR]
by smys4610 | 2009-03-02 01:57 | 仕事